新組織設立総会(6月11日)のご案内


記念上映会を開催します

「食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(MOP5市民ネット)」の解散を受け、その活動を引き継ぐ新組織「食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(食農市民ネット)」が立ち上がります。引き続き遺伝子組み換え生物が生物多様性にどのような影響を与えるか、その問題点について考えるとともに、2010年10月の「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)/カルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)」で成立した「名古屋・クアラルンプール補足議定書」がきちんと機能するよう、市民として取り組んでいきます。

このたびの設立を記念して、遺伝子組み換え問題を扱ったドキュメンタリー『パーシー・シュマイザー モンサントとたたかう』の上映会を開催します。また、遺伝子組み換えについて考えるパネルディスカッションも行います。

東日本大震災による原発事故は放射能汚染問題を引き起こし、市民生活を不安に陥れていますが、一旦事故が起こったら人の手にはなかなか負えなくなること、人の健康への影響は後から現れてくることが多く、その因果関係の証明は難しいこと、などは遺伝子組み換えにも共通する問題です。

みなさまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

主催:食農市民ネット設立準備会

※同日の午前中は同じ会場でMOP5市民ネットの解散総会を開催します。

【日時】2011年6月11日(土)13時~16時

【会場】東別院会館 会議室「蓮・橘」

会場へのアクセス→http://www.ohigashi.net/hall/kaikan_access.html

【内容】設立総会、記念上映会、パネルディスカッション

詳細はチラシ(PDF)をご覧ください→食農市民ネット設立総会チラシ

<問合せ先>

食農市民ネット設立準備会事務局

Tel:03(5155)4756

This entry was posted in 過去のイベント案内. Bookmark the permalink.

Comments are closed.