12月1日に「MOP6報告会」を開催しました

2014年のMOP7に向け課題を確認

2012年10月にインドのハイデラバードで開かれた「生物多様性条約・カルタヘナ議定書第6回締約国会議(MOP6)」の報告会を12月1日に都内で開催しました。

今回のMOP6では2010年名古屋MOP5のように議定書などの形になるものはなかったものの、今後の締約国会議で議論される重要な案件についていくつかの進展がみられたとの報告がなされました。「名古屋・クアラルンプール補足議定書」批准については、環境省自然環境局の関根達郎さんから、締結国が国内法をどのように整備したかなど調査しているところで、関係省庁間での調整を進めており、批准の時期などはまだ分からないとの報告がありました。

また、食農市民ネットとして、引き続き生物多様性と遺伝子組み換え生物の問題に関する市民の関心を高める取り組みを進めるとともに、2014年に韓国での開催が決まったMOP7に向け、現地の市民団体等と連携して様々な活動を行なっていくことを訴えました。

<資料>
●「インド・ハイデラバードMOP6報告」COP-MOP6報告
●「MOP6サイドイベント報告 MOP7に向けた活動」
●「名古屋・クアラルンプール補足議定書とカルタヘナ法について」

補足議定書批准への課題について議論


This entry was posted in 食農市民ネット, 活動報告. Bookmark the permalink.

Comments are closed.