市民によるグリーンウェーブイベント紹介①

福岡市で「GMナタネ抜き取り隊」を実施

「グリーンコープ生協ふくおか」は4月5日、福岡市東区箱崎埠頭で「GM(遺伝子組み換え)ナタネ抜き取り隊」を実施しました。これは、私たちMOP5市民ネットが呼びかけた「市民によるグリーンウェーブ(※)」の一環で、当日は同生協の組合員や職員、ふくおか市民政治ネットワークから計31名が参加、4コースに分かれてGMナタネの抜き取りを行いました。
合計で1844本のナタネを抜き取り、49検体に分けて調査しました。結果、37検体が陽性でした。これ以上増えないように継続した取り組みにしていきます。
グリーンコープ

※国連が定めた「生物多様性の日」である5月22日に、世界各地で子どもたちが学校やその周辺で植樹を行う取り組みを「グリーンウェイブ」と称し、日本でも環境省などが呼びかけていますが、これに対し、MOP5市民ネットは、市民による「生物多様性の日」を祝うイベントとして、GMナタネ自生調査やGMナタネ引き抜き、田植え、田んぼの生き物調査など、生物の多様性を実感できるイベントの実施を全国の市民に呼びかけています

This entry was posted in 活動報告. Bookmark the permalink.

Comments are closed.