10月20日(木)院内学習会のご案内

●2016年GMナタネ自生調査報告院内学習会●

遺伝子組み換えナタネ汚染問題を考え、
MOP8への政府の対応を問う

【日時】 2016年10月20日(木)14:00~16:00

13時30分から参議院会館ロビーで入館証を配布します

【会場】 参議院議員会館B104会議室

※地下鉄「永田町駅」または「国会議事堂前駅」下車
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kokkaimap.htm

資料代:500円

 

日本では、遺伝子組み換え(GM)作物は栽培されていません。しかし、食用油や畜産飼料の原料としてGM作物を大量に輸入しています。その結果、GMナタネが日本各地で自生しています。市民による調査が始まって12年。ナタネの輸入港周辺だけでなく、食用油製造工場への輸送路でもGMナタネの自生が確認され、近年では内陸部でも見つかっています。自生の多く見られる地域では市民が抜き取り作業を行ない、汚染の広がりを防いでいます。にもかかわらず、農作物や雑草との交雑種も見つかるようになりました。有機農業や菜花やブロッコリーなどアブラナ科の野菜を栽培している農家にとっては脅威です。

各地からのGMナタネ調査の報告と、農作物や野生生物へのGM遺伝子の拡散をどう防ぐか、農水省・環境省の担当者と意見交換しながら考えていきます。

また、2016年12月にはメキシコ・カンクンで生物多様性条約第13回締約国会議(COP13)カルタヘナ議定書第8回締約国会議(MOP8)が開催されます。MOP8で何が話し合われるのか、日本政府はどのような姿勢で会議に臨むのか、カルタヘナ議定書の補足議定書批准の進捗状況などを政府担当者にうかがい、意見交換をしたいと思います。



<プログラム(予定)>
・2016年GMナタネ自生調査報告
・環境省・農林水産省との意見交換
・MOP8で何が議論されるのか
・補足議定書批准の進捗状況

 主催:食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(食農市民ネット)
 
 <お問合わせ先>
 食農市民ネット事務局
 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
 Tel 03(5155)4756
 Eメール office[@]fa-net-japan.org ※[@]を@に変えてお送りください

Posted in イベント案内 | 10月20日(木)院内学習会のご案内 はコメントを受け付けていません。

7月2日(土)GMナタネ自生調査報告会のご案内

●遺伝子組み換えナタネ自生調査全国報告会●

遺伝子組み換えナタネの汚染を止めよう

~地域から遺伝子組み換え作物を考える~

 

 日本では、遺伝子組み換え(GM)作物は栽培されていません。しかし、食用油や畜産飼料の原料としてGM作物を大量に輸入しています。その中でGMナタネが日本各地で自生しています。市民による調査が始まって12年。ナタネの輸入港周辺だけでなく、食用油製造工場への輸送路でもGMナタネの自生が確認され、近年では内陸部でも見つかっています。自生の多くみられる地域では市民が抜き取り作業を行い汚染の広がりを防いでいます。にもかかわらず農作物や雑草との交雑種が見つかるようになりました。有機農業やアブラナ科の野菜を栽培している農家にとっては脅威です。

 報告会では、地方を歩き、有機農業を柱にした愛媛県今治市の「食と農のまちづくり条例」などを著書「地域の力」(岩波新書)で報告した大江正章さんを招いて、地域でのGM作物に対する状況を紹介していただき、GM汚染を食い止めるために何ができるかを探ります。

 

【日 時】 2016年7月2日(土)13:30~16:00

【会 場】 大田区六郷地域力推進センター 六郷会議室(5階)
(東京都大田区六郷2-44-11)

最寄駅:京浜急行線「雑色駅」徒歩2分(地図)

参加費 500円(申込不要)

 

<プログラム>
◆基調講演「地域から遺伝子組み換え作物を考える」
大江正章(ジャーナリスト・コモンズ代表)

◆2016年GMナタネ自生調査報告:生活クラブ生協/グリーンコープ共同体/コープ自然派生協/遺伝子組換え食品を考える中部の会/なのはな生協&遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン/あいコープみやぎ

◆パネルディスカッション「遺伝子組み換えナタネの汚染を止めよう」
大江正章、河田昌東(食農市民ネット共同代表)、天笠啓祐(食農市民ネット共同代表)


主催:食農市民ネット/遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン

<お問合わせ先>
食農市民ネット事務局
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
Tel 03(5155)4756
Eメール office[@]fa-net-japan.org ※[@]を@に変えてお送りください

Posted in イベント案内 | 7月2日(土)GMナタネ自生調査報告会のご案内 はコメントを受け付けていません。

5月22日(日)「国際生物多様性の日」記念シンポジウムのご案内

◆国際生物多様性の日記念イベント◆

続々登場する新しいバイオテクノロジー

 

5月22日は国連が制定した「国際生物多様性の日」です。食農市民ネットでは、毎年、この日に遺伝子組み換え作物が生物多様性を脅かしている問題を取り上げ、講演会などを開催しています。

今年度のテーマは、新しく登場しているバイオテクノロジーです。合成生物学、RNA干渉技術やゲノム編集技術など新しい遺伝子操作の方法が次々と登場して きています。それらの技術を応用して作られた生物は、環境影響評価や食の安全審査を免れようとしています。この技術を推進する企業や研究者の自由にはさせず、市民の監視を強化するために、この問題を学習し、意見交換を行います。

 

[と き] 2016522(日)13:30~16:30

[ところ] せたがやがやがや館4F多目的室
(世田谷区池尻2-3-11/東急田園都市線「池尻大橋」から徒歩7分)

 

<内容>
●「遺伝子組み換え作物をめぐる最新の動向」
河田昌東(食農市民ネット共同代表)

●「ゲノム編集技術とは何か?」
天笠啓祐(食農市民ネット共同代表)

資料代:500円

主催:食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク

<問合わせ先>
食農市民ネット事務局
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
Tel 03(5155)4756
Eメール office[@]fa-net-japan.org ※[@]を@に変えてお送りください

Posted in 活動報告 | 5月22日(日)「国際生物多様性の日」記念シンポジウムのご案内 はコメントを受け付けていません。

1月22日(金)MOP8に向けた意見交換会のご案内

カルタヘナ議定書締約国会議(MOP8)に向けての意見交換会
~どうなるの? どうするの? 遺伝子組み換え作物の環境影響~

日時:2016年1月22日(金)14:00~16:00

※13:30からロビーで通行証を配布します

会場:参議院議員会館 B103会議室

※地下鉄「永田町駅」または「国会議事堂前駅」下車 http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kokkaimap.htm

参加費無料

 

今年12月にメキシコで生物多様性条約・カルタヘナ議定書第8回締約国会議(MOP8)が開催されます。 カルタヘナ議定書はバイオテクノロジーにより改変された生物が、生物多様性の保全及び持続可能な利用に悪影響を与えることを防止することを目的としています。第1回の締約国会議以来、人々と野生生物・作物を遺伝子組み換え生物から守るために様々な規制が議論されてきました。2010年に名古屋で開催されたMOP5では、遺伝子組み換え生物が引き起こした環境への影響の責任の所在を明らかにし、どのように修復するかについて議論し、その結果、「名古屋・クアラルンプール補足議定書」が採択されました。 採択から5年以上経過しているにもかかわらず、採択当時の議長国だった日本政府はまだ批准していません。懇談会では、関係省庁に批准に向けての進捗状況をお聞きし、それに伴う国内法改正の状況をお聞きします。また、今年のMOP8で何が話し合われるか、また日本政府はどのような姿勢でのぞむのか、政府担当者にうかがい、意見交換を行います。みなさまの参加をお待ちしています。

※このイベントは地球環境基金の助成金を受けて行います <お問合わせ先> 食農市民ネット事務局 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207 Tel 03(5155)4756 Eメール office[@]fa-net-japan.org ※[@]を@に変えてお送りください

Posted in イベント案内, 食農市民ネット | 1月22日(金)MOP8に向けた意見交換会のご案内 はコメントを受け付けていません。

9月8日(火)院内集会のご案内

●GMナタネ自生調査報告院内集会●

農作物に迫る遺伝子汚染
~遺伝子組み換えナタネ長期自生の影響を考える~

【日 時】 2015年9月8日(火)12:30~14:30
12時から参議院会館ロビーで入館証を配布します

【会 場】 参議院議員会館101会議室(1階)

※地下鉄「永田町駅」または「国会議事堂前駅」下車
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kokkaimap.htm

 

資料代:500円

今年も市民による調査で遺伝子組み換え(GM)ナタネの自生が確認されました。2005年に始まった調査は、学者など専門家の方々の協力も得て、様々な問題を明らかにしています。数年前に遺伝子組み換えとみられるブロッコリーが発見されたことは、農作物への遺伝子汚染の広がりを懸念させます。また、試験紙による簡易検査では陰性(非GM)にもかかわらず、DNA検査(PCR)は除草剤耐性遺伝子が存在する「隠れGMナタネ」も確認しています。
GMナタネによる農作物や野生生物へのGM遺伝子の拡散をどう防ぐか、農水省・環境省の担当者と意見交換しながら考えます。

<内容>
◆講演「遺伝子組み換えナタネのDNA検査でみえてきたもの」
金川貴博京都学園大学教授

◆2015年GMナタネ自生調査全国結果報告
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン/あいコープみやぎ/なのはな生協/生活クラブ生協/遺伝子組換え食品を考える中部の会/グリーンコープ共同体/農民連食品分析センター(以上、予定)

◆農水省・環境省との質疑応答・意見交換

主催:食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(食農市民ネット)

※このイベントは地球環境基金の助成金を受けて行います

<お問合わせ先>
食農市民ネット事務局
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
Tel 03(5155)4756
Eメール office[@]fa-net-japan.org ※[@]を@に変えてお送りください

Posted in イベント案内, 食農市民ネット | 9月8日(火)院内集会のご案内 はコメントを受け付けていません。

[イベント情報]緊急報告・学習会@仙台

宮城県内に遺伝子組み換えナタネが自生していた!
〜遺伝子組み換えナタネ調査報告と遺伝子組み換え作物・食物の現状〜

あいコープでは、【GMナタネ自生調査】を毎年行っています。
一昨年に引き続き、遺伝子を組み換えられたナタネを石巻港付近で見つけました。

除草剤をかけても枯れないナタネ。日本では栽培されていない植物です。あなたの周りは大丈夫ですか。そして、あなたはこのナタネから作った食品を食べていませんか?

遺伝子組み換え作物の現状と問題点を、環境問題を専門とするフリージャーナリスト天笠啓佑氏に分かりやすく教えていただきます。
講 師:天笠啓佑氏
日 時:7/8(水) 10:00〜12:30
会 場:日立システムズホール仙台 エッグホール
宮城県仙台市青葉区旭ケ丘3-27-5
アクセス:地下鉄:仙台市営地下鉄南北線 旭ヶ丘駅下車
資料代:100円 (あいコープ組合員は無料)
参加申し込み:022-284-6998 豊嶋まで
申込み〆切:2015年7月7日(火)
主催:生活協同組合あいコープみやぎ・食農市民ネット

※このイベントは、地球環境基金の助成を受けて開催する,食農市民ネットの[出前講座]です。

Posted in イベント案内, 食農市民ネット | [イベント情報]緊急報告・学習会@仙台 はコメントを受け付けていません。

[イベントレポート]国際生物多様性の日記念イベント

国際生物多様性の日記念イベント
農薬と生物多様性とのつながりを考える

毎年5月22日は国連が定めた「国際生物多様性の日」です。「食と農から生物多様性を考えるネットワーク(食農市民ネット)」は毎年、この日にあわせてイベントを開催し、生物多様性の問題を広くアピールすることに取り組んでいます。今年は5月23日、池袋駅に近い豊島区民センターでシンポジウムを開催し、およそ60人の参加がありました。

 

◆安全性審査は数字のトリックか? 日本では残留基準が緩和

まず基調講演として、ジャーナリストの岡田幹治さんに「生物多様性を脅かす農薬〜ネオニコチノイド系農薬を例に〜」のタイトルでお話しいただきました。 Continue reading

Posted in 活動報告 | [イベントレポート]国際生物多様性の日記念イベント はコメントを受け付けていません。

7月12日(日)GMナタネ自生調査報告会のご案内

●遺伝子組み換えナタネ自生調査全国報告会●

身近に迫る遺伝子汚染
~GMナタネから雑草へ!! 長期自生の影響~

日本各地のナタネ輸入港の周辺で、輸送中にこぼれ落ちて自生する遺伝子組み換え(GM)ナタネ。市民による調査が始まって10年。とりわけセイヨウナタネの繁茂する地域では抜き取り作業をおこなって、雑草や農作物に遺伝子汚染が広がるのを防いでいます。にもかかわらず、遺伝子組み換えナタネとアブラナ科の野菜や雑草の交雑種が見つかるようになりました。中には、1本の植物に不稔の莢と巨大な莢をつける奇妙な雑草も見つかっています。

長期にわたる遺伝子組み換えナタネの自生が生態系に与える影響を考察してみましょう。生物多様性を脅かすGMナタネ自生実態を把握し、GM汚染をくいとめるために何ができるかを探ります。

 

【日 時】 2015年7月12日(日)13:30~16:30

【会 場】 名古屋市教育館 講堂 (名古屋市中区錦三丁目16番6号)

最寄駅:地下鉄「栄」駅、2番、3番、10B番出口すぐ

 

参加費 500円(申込不要)

<プログラム>
●講演「GMナタネから雑草へ!! 拡がり始めたGM交雑」河田昌東(食農市民ネット)
●各地からの報告
生活クラブ生協/グリーンコープ共同体/コープ自然派/遺伝子組み換え食品を考える中部の会/あいコープみやぎ/なのはな生協&遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
●パネルディスカッション「GMナタネによる交雑をとめよう」
・パネラー ・八田純人(農民連食品分析センター)・河田昌東
・コーディネーター 天笠啓祐(食農市民ネット)
質疑応答

主催:食農市民ネット/遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン

<お問合わせ先>
食農市民ネット事務局
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
Tel 03(5155)4756
Eメール office[@]fa-net-japan.org ※[@]を@に変えてお送りください

このイベントは地球環境基金の助成を受けて行ないます。

Posted in イベント案内 | 7月12日(日)GMナタネ自生調査報告会のご案内 はコメントを受け付けていません。

2015年度「出前講座」の募集を開始

食農市民ネットでは、地球環境基金の助成事業の一環として、2013年度から「出前講座」を実施しています。

この「出前講座」は、遺伝子組み換えに関する問題や、生物多様性条約、カルタヘナ議定書、名古屋・クアラルンプール補足議定書、カルタヘナ国内法などについて、地域で活動する市民の方々と学ぶために開催しています。食農市民ネットから講師を派遣するとともに、講師の旅費(交通費・宿泊費)を食農市民ネットが負担します。

2015年5月29日から、2015年度出前講座の共催者の募集を開始しました。

全国各地で遺伝子組み換え問題や生物多様性についての講演会・セミナー・ワークショップなどの開催を検討されているみなさん、ぜひ、食農市民ネットの「出前講座」をご活用ください。

応募についての詳しい情報は、下記をご覧ください。 Continue reading

Posted in インフォメーション, 食農市民ネット | 2015年度「出前講座」の募集を開始 はコメントを受け付けていません。

[イベント情報]★国際生物多様性の日記念イベント★生物多様性を脅かす農薬

★国際生物多様性の日記念イベント★
生物多様性を脅かす農薬

地球環境を包括的に保全するための国際条約のなかでも、気候変動枠組条約と生物多様性条約はとりわけ重要な役割を果たしています。この生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)が、2010年に名古屋で開催されたとき、「愛知ターゲット」が採択されました。

「愛知ターゲット」とは、2020年までに生物多様性の損失を止めるための、効果的かつ緊急の行動を実施する20の目標のことです。今年は、この目標年のちょうど折り返し点ですが、そのいくつかの項目では目標達成どころか、悪化している項目もあります。

農薬・肥料・化学物資による汚染減少も、愛知ターゲットの目標の1つです。しかし、ネオニコチノイド系農薬をはじめ、遺伝子組み換え作物の栽培で使われる除草剤・ラウンドアップ、2,4-D、ジカンバなどによる汚染が深刻化しているのが現状です。

わたしたち食農市民ネットは、国連が制定した「国際生物多様性の日」を記念して、毎年講演会などを開催していますが、今年は、これら「生物多様性を脅かす農薬」について、みなさんといっしょに考える機会にしたいと思います。

日 時:2015年5月23日(土) 13:30〜16:00(開場 13:00)

場 所:豊島区民センター(コア・いけぶくろ) 4階 第3・4会議室

JR池袋駅徒歩5分 (豊島区東池袋1-20-10)

参加費:500円(資料代)

主 催:食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(食農市民ネット)

チラシPDF  ※このイベントは地球環境基金の助成を受けて開催されます

Continue reading

Posted in イベント案内, インフォメーション, 食農市民ネット | [イベント情報]★国際生物多様性の日記念イベント★生物多様性を脅かす農薬 はコメントを受け付けていません。

12月11日(木)「サイエンティスト」上映会&シンポジウムのご案内

食と農から生物多様性を考えよう
~食の未来、そして科学の自由を問う~

「遺伝子組み換え作物って何?」「生物多様性に悪影響を及ぼすって聞いたけど、本当なの?」――そんな疑問に答えてくれるはずの科学がいま危機的状況に陥っています。遺伝子組み換え食品の危険性について警鐘を鳴らしたために攻撃され、職を追われた2人の科学者アーパッド・プシュタイとイグナシオ・チャペラを取り上げた映画「サイエンティスト」を通して、大切な食べものや農業の未来、生物多様性について考えます。上映後は、科学者の新井秀雄さんと、東京新聞編集委員の土田修さんをお迎えし、食農市民ネット共同代表の河田昌東さんとともに、科学の自由、言論の自由について考えるシンポジウムも開催します。


【日 時】 2014年12月11日(木)13:30~16:30

【会 場】 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室(定員100名) アクセス

最寄駅:地下鉄「表参道駅」B2出口7分、JR「渋谷駅」宮益坂口12分

 

参加費 1000円

<プログラム>
・映画「サイエンティスト」上映
・シンポジウム「食の未来、科学の自由を問う」 発言者(予定):新井秀雄さん、土田修さん、河田昌東さん

◆映画「サイエンティスト」とは
遺伝子組み換え食品の危険性について重要な発見をし、それを発表したことでバイオ産業から攻撃を受け、職を奪われた2人の科学者アーパッド・プシュタイとイグナシオ・チャペラ。そして、米国・食品医薬品局による研究隠蔽を暴露し、遺伝子組み換え政策は科学と民主主義への攻撃だと訴えるアンドリュー・キンブレル。攻撃を受けながらもたたかう彼らを根底で支えるものは何か。数々の映画賞を受賞し、ドイツ、米国をはじめ欧米各地でヒットした話題の作品。原題は 「Scientist under Attack(攻撃される科学者たち)」。詳しくはこちら

◎新井秀雄さんプロフィール
国立感染症研究所の元主任研究官。同研究所における病原体実験施設の危険性を内部告発したことで研究官の立場を追われた。科学研究施設の現状などについて科学者そして当事者の立場からの告発本『科学者として』(幻冬舎)を執筆

◎土田修さんプロフィール
中日新聞入社後、同社会部、首都圏編集部次長などを経て、現在、東京新聞編集委員。フランスの月刊紙「ル・モンド・ディプロマティーク」日本語版代表。さまざまなボランティア、市民活動にも携わっている。「マスメディア再生への戦略」(世古一穂氏と共著)、「調査報道」など著書多数

◎河田昌東さんプロフィール
分子生物学者。名古屋大学で研究生活をしていた1970年代、四日市ぜんそくの調査を機に各地の公害問題に科学者の立場から取り組む。1990年からチェルノブイリ事故被災者への支援活動を続け、3.11後は被災地福島の支援に積極的に携わっている

主催:食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(食農市民ネット)

※このイベントは地球環境基金の助成金を受けて行ないます

<お問合わせ先>
食農市民ネット事務局
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
Tel 03(5155)4756
Eメール office[@]fa-net-japan.org ※[@]を@に変えてお送りください

Posted in イベント案内, 食農市民ネット | 12月11日(木)「サイエンティスト」上映会&シンポジウムのご案内 はコメントを受け付けていません。

BS-MOP7における食農市民ネットの活動

2014年9月29日〜10月3日に、韓国・ピョンチャンで開催された第7回カルタヘナ議定書会合(BS−MOP7)が開催されたが、その期間中および準備のために食農市民ネットが行った行動を以下に列挙する。

最終日のプレナリーでNGOステートメントを発表するCBDアライアンスのメンバー

プレナリーでステートメントを発表するNGO



Continue reading

Posted in 活動報告 | BS-MOP7における食農市民ネットの活動 はコメントを受け付けていません。