[食農市民ネット出前講座@和泉]GMO食品を通して、これからの食や暮らしを共に考えよう!学習会

GMO食品を通して、これからの食や暮らしを共に考えよう!学習会
実施日:2014年2月20日(木)
会場:和泉市立人権文化センター
講師:天笠啓祐(食農市民ネット共同代表)
主催:グリーンコープ生協おおさか/食農市民ネット

市販の食品を選ぶとき、少しでも添加物の少ない食品を選ぶ人は多いようですが、遺伝子組み換え食品は安全性がよくわからなくて、どのように選べばいいのか、と疑問に思っている人は多いのでは? そんな思いから、この学習会を企画しました。

学習会では、「日本人が一番食べている」に比喩される実情や、日本の食品表示のカラクリ、動物実験の結果などなど、驚きの事実に顔を見合わせたり、TPPの及ぼす影響や種の支配の話ではため息が見られたり、危機感が高まるようすが感じられました。
20140220_GCおおさか写真1
質問タイムでは、時間いっぱいまで事実の確認やより突っ込んだ質問、グリーンコープへの影響など、自らの生活に引き寄せた質問が多数なされました。また、グリーンコープが安全な食べ物を確保していくには企業への要望も重要であるという視点や、消費者の声をいろいろな場面であげていくことの有効性なども共有できたのが良かったです。
(グリーンコープ生協おおさか)

※食農市民ネットの[出前講座]は、地球環境基金の助成を受けて開催しています。出前講座へのお申し込み・問い合わせは食農市民ネット事務局まで。

This entry was posted in 食農市民ネット, 活動報告. Bookmark the permalink.

Comments are closed.