韓国MOP7でNGO声明を発表

2014年9月29日~10月3日に韓国・平昌(ピョンチャン)で開催された「生物多様性条約カルタヘナ議定書第7回締約国会議(MOP7)」には日本からも多くの市民が参加しました。食農市民ネットも6人を代表派遣し、会議の傍聴やサイドイベント(※)の開催、韓国NGOとの合同記者会見など精力的に活動しました。
10月3日の閉幕式では、海外のNGOと協力してNGO声明を発表、国際NGO「第三世界ネットワーク」のリム・リーチンさんが声明文を読み上げました。以下、日本語訳と原文です。

※公式に認められた会議場内での発表の場

閉会にあたってのNGO声明文

みなさま、以下の市民団体および科学研究団体(文末に掲載)を代表し、一言申し上げます。

リスク評価および社会経済的配慮について、それぞれの専門家会合(AHTEG)の継続が決定されたことを歓迎いたします。一方、いまだにこれらの協議がほとんど進展せず、堂々巡りの議論に終始していることを深く憂慮いたします。

この2つは、本議定書にとって、また、バイオセーフティ対策を実施しようとする多くの国々にとって中心となる重要な項目です。本議定書を施行する加盟国の一助となるよう、一刻も早く、ガイダンス(手引き)やガイドライン(指針)を作成する必要があります。生物多様性や人々の健康、そして地球上すべての人々の福利を守れるか否かは、本議定書の施行にかかっています。

この2つの専門家会合(AHTEC)の構成について、(資金的またはその他の利害を含む)利害対立の可能性を詳らかにし精査すること、また利害の対立が不当に意思決定に影響を与えることがないよう、適切な措置が取られることを市民社会は要請します。

加盟諸国のみな様には、社会経済的配慮について検討する専門家会合(AHTEC)は、人体へのリスクを含む、生物多様性の保全と持続的利用に悪影響を与える可能性のあるLMO(遺伝子組み換え生物)から人々を守るという本議定書の対象と目的の範囲内で議論されなければならない、という点を忘れないでいただきたいと思います。バイオテクノロジーの利点に関する議論は、この議定書の対象ではなく、また、目的にも合致していません。

LMO(遺伝子組み換え生物)の意図しない国境を超える移動に関する事例は、いまも枚挙に暇がありません。なかでも、ここアジアにおける事例の1つとして、日本における未承認GMパパイヤの輸入・栽培の発見が挙げられます。このような事態を未然に防ぐための措置、また、防ぐことができなかった場合の緊急措置に必要な能力向上が早急に求められます。また、不法な国境を超える移動に対する取り組みも不可欠です。

加盟国はLMO(遺伝子組み換え生物)を検知し、同定できるようにならなければなりません。また、LMO(遺伝子組み換え生物)を開発する側は、試験栽培か商業栽培かにかかわらず、LMO(遺伝子組み換え生物)の検知と同定のために必要な情報を、当該当局並びに市民に提供しなければならず、遺伝子の配列情報と参考情報もそのなかに含まれなければなりません。加盟各国は、このような情報の提供をバイオセーフティに関する国内法で定めることが可能であり、またそうすべきだと考えます。

戦略計画(Strategic Plan)では、今後開発されるLMO(遺伝子組み換え生物)の意図しない放出への対応策と検知のための指針づくりを定めています。この作業を開始しなければなりません。

次回、2016年は、COP(生物多様性条約締約国会議)と2つのCOP-MOP(カルタヘナ議定書締約国会議と名古屋議定書締約国会議)の同時開催という難題が待ち受けています。会議の運営構成を変更すれば、資金への影響も免れません。適切な資金援助のもと、特に最貧国や島嶼諸国、新興経済国などの発展途上国が、確実にすべての協議に滞りなく参画できるようにするための方策がとられなければなりません。

・第三世界ネットワーク
・韓国MOP7市民ネットワーク
・食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク
・バイオセーフティアフリカセンター
・エコロパ
・ドイツ科学者協会
・エコネクサス
・環境と社会的責任のための欧州科学者ネットワーク

(翻訳:廣内かおり)

======================================

NGO closing statement

Good afternoon, I am speaking on behalf of the following civil society and scientific organizations: Third World Network, Korea MOP7 Citizens’ Network, FA-Net in Japan, African Centre on Biosafety, Ecoropa, Federation of German Scientists, Econexus and the European Network of Scientists for Social and Environmental Responsibility.


  • While we welcome the continued work on risk assessment and socioeconomic considerations via the continuation of two AHTEGs, progress on these issues is regrettably still too little, very late and largely repetitive.
  • These issues are of central importance to the Protocol, and to many Parties’ implementation of biosafety. There must be no more delay in developing further guidance and guidelines in order to assist Parties in their implementation of the Protocol. Implementation is crucial to safeguarding biological diversity, human health, and the well being of peoples everywhere.
  • In the composition of the two extended AHTEGs, civil society demands that potential conflict of interests (including financial and other vested interests) are transparently declared and scrutinized, and that the appropriate steps are taken to avoid conflicts of interest unduly influencing decisions.
  • We wish to remind Parties that the work of the socio-economic AHTEG must be within the scope and objective of the Protocol, which is to contribute to ensuring an adequate level of protection with regards to LMOs that may have adverse effects on the conservation and sustainable use of biological diversity, taking also into account risks to human health. The issue of the benefits of modern biotechnology is not within the scope, nor in line with the objective of this Protocol.
  • Cases of unintentional transboundary movement of LMOs continue unabated. This is exemplified here in Asia with the discovery of unapproved LM papaya imported into Japan and subsequently cultivated. There is urgent need for measures to prevent more cases from happening, and increased capacity to take emergency action where prevention is no longer possible. Illegal transboundary movement must be addressed.
  • Parties need to have the capacity to detect and identify LMOs, and LMO developers must provide the necessary information for authorities and citizens to detect and identify LMOs used both in field trials and commercially. This information must include sequence information and reference materials. Parties can and should require this in their national biosafety laws.
  • The Strategic Plan requires guidance on how to detect and take measures to respond to unintentional releases of LMOs to be developed. We must begin this work.
  • We will meet the challenges of concurrent meetings of the COP and COP-MOPs in 2016. These organisational changes also have financial implications: the full and effective participation of developing countries, especially least developed countries, small island states and countries with economies in transition, must be ensured by providing adequate financial support.

This entry was posted in 活動報告. Bookmark the permalink.

Comments are closed.