1月26日(木)院内学習会のご案内

生物多様性条約・カルタヘナ議定書第8回締約国会議(MOP8)報告会●

 

【日時】 2017年1月26日(木)13:30~15:00

13時から参議院会館ロビーで入館証を配布します。事前申し込みは不要です。

【会場】 参議院議員会館B107会議室

※地下鉄「永田町駅」または「国会議事堂前駅」下車
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/kokkaimap.htm

資料代:500円

 

2016年12月にメキシコで生物多様性条約・カルタヘナ議定書第8回締約国会議(MOP8)が開催されました。
カルタヘナ議定書はバイオテクノロジーにより改変された生物(LMO)が、生物多様性の保全及び持続可能な利用に悪影響を与えることを防止することを目的としています。
今回のMOP8では、2010年に名古屋で開催されたMOP5以来議論が進められている「LMOの取扱い、輸送、包装および同定」、「責任と救済」「リスク評価およびリスク管理」、「社会経済的な配慮」、「意図しない国境を越える移動および緊急措置」が焦点となったと思われますが、どのように議論が進められたでしょうか。また新しいバイオテクノロジーであるゲノム編集技術、合成生物学、遺伝子ドライブ技術について、世界のNGOがモラトリアムを要請していましたが、どのような議論がなされたでしょうか。
会議に出席した政府担当者をお招きして報告していただきます。
みなさまの参加をお待ちしています。

 主催:食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(食農市民ネット)
 
 <お問合わせ先>
 食農市民ネット事務局
 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
 Tel 03(5155)4756
 Eメール office[@]fa-net-japan.org ※[@]を@に変えてお送りください

This entry was posted in イベント案内. Bookmark the permalink.

Comments are closed.