院内学習会 広がる遺伝子組み換え汚染~急げ!国内法改正~

GMナタネ自生、沖縄GMパパイヤ問題からみるカルタヘナ国内法の問題点

【とき】2011年12月15日(木)14時~16時 ※一般の方の参加も可 13時45分からロビーで入館証をお渡しします
【ところ】衆議院第二議員会館 第7会議室(地下1階) 最寄駅:地下鉄「永田町駅」または「国会議事堂前駅」
【参加費】無料
【内容】

  1. カルタヘナ国内法の問題点/天笠啓祐(食農市民ネット共同代表)
  2. GMナタネ自生や沖縄GMパパイヤ問題とカルタヘナ国内法/真下俊樹(食農市民ネット運営委員)
    資料1:バイオセーフティ国内法の整備を  資料2:カルタヘナ・バイオセーフティー議定書の責任と修復に関する名古屋-クアラルンプール補足議定書
  3. 第10回 遺伝子組み換えナタネ抜取隊 111215 院内集会用(中部の会)
  4. 名古屋・クアラルンプール補足議定書批准に向けた日本政府の動き
    大臣官房環境政策課    榎本雅仁課長
    大臣官房環境政策課  佐々木宏樹企画官
    消費・安全局 農産安全管理課    朝倉健司課長
    消費・安全局 農産安全管理課 二階堂孝彦課長補佐
    技術会議事務局技術政策課   浦野剛課長補佐
    自然環境局 野生生物課外来生物対策室  東岡礼治室長補佐
    植竹朋子移入生物対策係長
    串田卓弥移入生物対策係員
昨年、名古屋で開催された「生物多様性条約・カルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)」では、遺伝子組み換え生物の規制にかかわる「名古屋・クアラル ンプール補足議定書」が採択されました。国際ルールの枠組みはできましたが、遺伝子組み換え生物の脅威がなくなったわけではありません。
農水省の調査や市民による調査で、輸入した遺伝子組み換えナタネがこぼれ落ちて日本各地で自生していることが明らかになっています。今年4月には沖縄で未承認の遺伝子組み換えパパイヤが流通していたために、多くの栽培農家がパパイヤの伐採を強いられました。このような遺伝子組み換え汚染を止めるには、国際ルールだけでなく、国内ルールを整備する必要があります。
補足議定書採択から1年、世界が注目する議長国・日本の現状はどうなっているのか、カルタヘナ国内法の問題点とともに私たち市民が求める国内法について考えます。

主催 食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(食農市民ネット)
<お問い合わせ>
食農市民ネット事務局
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
TEL 03(5155)4756/Eメールoffice@fa-net-japan.org

Posted in イベント案内 | 院内学習会 広がる遺伝子組み換え汚染~急げ!国内法改正~ はコメントを受け付けていません。

パタゴニア「ボイス・ユア・チョイス」結果発表

10月24日にパタゴニア東京大崎店で、「ボイス・ユア・チョイスFall 2011」の結果発表会が行われました。食農市民ネットは残念ながら2位でしたが、総得票数504票のうち、204票もの投票をいただきました。投票いただいた方、ご支援いただいた方、ありがとうございました。

発表会には、大崎店だけでなく他店のスタッフの方や、パタゴニアを利用している一般の方も参加されました。表彰式の後には、当共同代表の天笠啓祐による「遺伝子組み換え(GM)の問題点、汚染の状況について」のミニ学習会を行いました。

その後、2グループに分かれ、食農市民ネットの課題解決に向けたワークショップを行いました。最終目標のGM作物やGM食品を無くすためには、何をすべきかについて議論が白熱しました。

議論の中では、「食料自給率を上げる、食品表示をきちんとする、GM問題を広く知らせていく、会員を増やす、伝える媒体としてWEBを効果的に利用する」など前向きな意見が多数出ました。

最後にスタッフの方から、「この発表会で終わりではなく、パタゴニアではこれからもこの活動を支援していきたい」と心強い言葉をいただきました。



 

Posted in 活動報告 | パタゴニア「ボイス・ユア・チョイス」結果発表 はコメントを受け付けていません。

食農市民ネット集会(10月15日開催)報告

遺伝子組み換え問題の深刻さを改めて確認

食農市民ネットが10月15日に名古屋で開催した「MOP5から1年後集会」には多くの方にご参加いただきました。『フード・インク』上映の後、遺伝子組み換え作物の問題点や、世界各地に広がる遺伝子組み換え汚染について学びました。

集会の最後には、食農市民ネットの今後の活動として、院内集会やシンポジウムの開催、ロビー活動などの計画を発表し、多くの市民の参加を呼びかけました。



 

Posted in 活動報告 | 食農市民ネット集会(10月15日開催)報告 はコメントを受け付けていません。

MOP5から1年 開催地・名古屋で集会を開催します

「放射能だけじゃない 広がる遺伝子組み換え汚染 ~急げ!国内法改正~」

2010年10月、名古屋で開催された「カルタヘナ議定書締約国会議(MOP5)」で、遺伝子組み換え生物の規制にかかわる「名古屋・クアラルンプール補足議定書」が採択されました。国際ルールの枠組みはできましたが、これで遺伝子組み換え生物の脅威がなくなったわけではありません。
採択から1年、国内外で頻発する遺伝子組み換え汚染をとめるために、私たち市民ができること、すべきことについて考える集会を開催します。
また、10月16日の「世界食料デー」に対し、市民が主体となって取り組む「もうひとつの世界食料デー」を翌日に控え、食べものと農業について改めて考えようと、映画『フード・インク』も上映します。
お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。お待ちしています。

 

【と   き】 2011年10月15日(土) 13:30~16:30(開場13:10)

【ところ】 ウインクあいち 1202会議室(12階) ウインクあいちへのアクセス

◆第1部 映画『フード・インク』上映

◆第2部 講演「世界で頻発する遺伝子組み換え作物による被害」

2010年名古屋MOP5の成果と2012年インドMOP6の課題について
2010年名古屋COP10後の市民活動は?
遺伝子組み換えナタネ自生状況~愛知・三重の例~
私たちに何ができるか、なにをすべきか

◆資料代 500円

※詳しくは集会のチラシをご覧ください→MOP5から1年後集会のチラシ(PDF形式)

主催:食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(食農市民ネット)

<問合せ先>
食農市民ネット事務局
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
Tel 03(5155)4756
Eメール office@fa-net-japan.org

Posted in イベント案内 | MOP5から1年 開催地・名古屋で集会を開催します はコメントを受け付けていません。

遺伝子組み換えナタネ抜取隊参加者募集

食農市民ネットの運営委員団体「遺伝子組換え食品を考える中部の会」が、遺伝子組み換えナタネの調査と抜取り活動に参加してくれる人を募集しています。

私たちの食と農、環境を脅かす遺伝子組み換えナタネの拡散に歯止めをかけるため、ぜひご協力ください。集合場所の詳細や当日スケジュール、持ち物などについては遺伝子組換え食品を考える中部の会のHPをご覧ください。

【日時】 2011年10月2日(日)13:00~16:00 雨天決行

【集合】 名古屋(金山駅)からバスに乗り合わせるか、現地(新生公園)へ

◆要申し込み 保険をかけます(保険料のみ主催者負担)

お名前・住所・電話番号(携帯)・年齢を下記連絡先までお願いします。高校生以上に限ります

※9月22日締め切り

<主催> 遺伝子組換え食品を考える中部の会

<連絡先> 食と環境の未来ネット
Tel 052(937)4817 (平日10:00~17:00)
Eメール sk_mirainet@yahoo.co.jp

Posted in イベント案内 | 遺伝子組み換えナタネ抜取隊参加者募集 はコメントを受け付けていません。

食農市民ネットがパタゴニア・ボイス・ユア・チョイスに参加!

食農市民ネットは、アウトドア用品やサーフィン用品などの製造販売を手掛け、環境保護活動にも力を入れている企業として知られる「パタゴニア」が行なう助成金プログラム「ボイス・ユア・チョイス Fall 2011」に参加しています。

ボイス・ユア・チョイスとは、パタゴニアが事前に選考したいくつかの自然保護団体の活動内容を店頭やウェブサイトを通じて紹介し、来店者が最も支援したい団体に一票を投じてもらうことで、その声を環境助成金に反映させるプログラムです。

製品購入の有無は問わず、来店者全員が投票できます。店内には、私たちの活動を紹介したパネルなどが展示されています。ぜひパタゴニア東京・ゲートシティ大崎店に足をお運びいただき、私たちの活動とその意義を知ってください。9月23日(金・祝)には、私たち食農市民ネットのスタッフが店頭で活動などを説明します。ぜひご来店ください!お待ちしています。

◇実施期間:2011年9月8日(木)~10月5日(水)

◇実施店(参加店):パタゴニア東京・ゲートシティ大崎 (東京都品川区大崎1-11-1)

アクセス/JR山手線「大崎駅」下車、南改札口を出てすぐ。地図

<展示の様子(左:パタゴニアのスタッフ)>



 

 

Posted in イベント案内 | 食農市民ネットがパタゴニア・ボイス・ユア・チョイスに参加! はコメントを受け付けていません。

食農市民ネットが正式に発足

大切な食べものや農業を守るため、遺伝子組み換え生物への規制を強化させようと、このたび「食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(食農市民ネット)」を設立しました。

2011年6月11日の設立総会では、2010年10月に名古屋で開催された「カルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)」の成果を実現するために、①遺伝子組み換え作物の自生や交雑・混入をなくす、②遺伝子組み換え生物への規制を強化させる、③有機農業・環境保全型農業を推進する、という3つの目的を盛り込んだ趣意書を承認し、国内法の改正・整備に向け、政府や国会に働きかけるとともに、市民に対して情報発信を行っていくなどの活動計画を確認しました。

MOP5では遺伝子組み換え生物による被害の修復・賠償について定めた「名古屋・クアラルンプール補足議定書」が誕生、損害の対象には農林漁業、人の健康も含まれること、責任を負う事業者には組み換え生物の開発・製造・販売業者も含みうることなどが決まりました。しかし、現行の国内法では、農業や人の健康は損害の対象外です。責任を負う事業者の範囲についても、各国が国内法に基づいて決められるようになっています。国際ルールができても、国内法に欠陥があっては、私たちが求める規制の強化は望めません。

生物多様性を脅かす遺伝子組み換え生物への規制をきちんとしたものにするため、私たち「食農市民ネット」と一緒に活動してくれる仲間を募集しています。

Posted in 食農市民ネット, 活動報告 | 食農市民ネットが正式に発足 はコメントを受け付けていません。

新組織設立総会(6月11日)のご案内


記念上映会を開催します

「食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(MOP5市民ネット)」の解散を受け、その活動を引き継ぐ新組織「食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(食農市民ネット)」が立ち上がります。引き続き遺伝子組み換え生物が生物多様性にどのような影響を与えるか、その問題点について考えるとともに、2010年10月の「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)/カルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)」で成立した「名古屋・クアラルンプール補足議定書」がきちんと機能するよう、市民として取り組んでいきます。

このたびの設立を記念して、遺伝子組み換え問題を扱ったドキュメンタリー『パーシー・シュマイザー モンサントとたたかう』の上映会を開催します。また、遺伝子組み換えについて考えるパネルディスカッションも行います。

東日本大震災による原発事故は放射能汚染問題を引き起こし、市民生活を不安に陥れていますが、一旦事故が起こったら人の手にはなかなか負えなくなること、人の健康への影響は後から現れてくることが多く、その因果関係の証明は難しいこと、などは遺伝子組み換えにも共通する問題です。

みなさまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

主催:食農市民ネット設立準備会

※同日の午前中は同じ会場でMOP5市民ネットの解散総会を開催します。

【日時】2011年6月11日(土)13時~16時

【会場】東別院会館 会議室「蓮・橘」

会場へのアクセス→http://www.ohigashi.net/hall/kaikan_access.html

【内容】設立総会、記念上映会、パネルディスカッション

詳細はチラシ(PDF)をご覧ください→食農市民ネット設立総会チラシ

<問合せ先>

食農市民ネット設立準備会事務局

Tel:03(5155)4756

Posted in 過去のイベント案内 | 新組織設立総会(6月11日)のご案内 はコメントを受け付けていません。

解散総会開催(6月11日)のご案内

このたびの東日本大震災により被災された方々に謹んでお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方、ご遺族の方々に心よりお悔やみ申し上げます。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

さて、諸般の事情で延期させていただいた当団体の解散総会は、下記のとおり開催することにいたしました。会員のみなさまにはぜひご参加いただきますようご案内申し上げます。

【日時】2011年6月11日(土)11時~12時

【会場】東別院会館 会議室「蓮・橘」

会場へのアクセス→http://www.ohigashi.net/hall/kaikan_access.html

【内容】活動報告、会計報告など

詳細はチラシ(PDF)をご覧ください→MOP5市民ネット解散総会チラシ

<問合せ先>

MOP5市民ネット事務局

Tel:03(5155)4756

Posted in 食農市民ネット, 過去のイベント案内 | 解散総会開催(6月11日)のご案内 はコメントを受け付けていません。

解散総会および新組織設立総会中止のお知らせ

先日、会員のみなさまをはじめ、当団体関係者のみなさまに、解散総会および新組織設立総会を3月21日に名古屋にて開催することをお知らせしましたが、今回の東日本大地震発生を受け、急きょ中止させていただくことになりました。解散総会等の開催につきましては、今のところ未定です。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク

共同代表 天笠啓祐

共同代表 河田昌東

Posted in 活動報告 | 解散総会および新組織設立総会中止のお知らせ はコメントを受け付けていません。

COP10/MOP5報告会のご案内

遺伝子組み換え生物をめぐる国際会議報告集会

~COP10/MOP5で何が決まり、私たちの暮らしにどうかかわるか~

10月11日~29日まで、名古屋市で「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)/カルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)」が開催されました。その結果、MOP5では「名古屋-クアラルンプール補足議定書」が、COP10では「名古屋議定書」と「愛知ターゲット」が成立しました。

食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(MOP5市民ネット)は遺伝子組み換え生物の環境汚染に対する国際的な規制の枠組みの強化を求めて、MOP5会議にかかわってきました。今回成立した補足議定書では、遺伝子組み換え作物が引き起こす被害について、誰が責任をとり、どう補償、修復するか、その枠組みが決まりました。これはわたしたちの運動の成果です。今後は遺伝子組み換え作物の国内での規制強化を求める取り組みを行うことが課題です。COP10/MOP5で何が決まったかを報告・討論し、私たちの暮らしにどうかかわるかを考えます。

【日 時】12月14日(火)13:30~16:30

【会 場】渋谷勤労福祉会館 第1洋室(定員90名)

アクセス/JR・私鉄・地下鉄「渋谷駅」徒歩7分

http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/kinro.html

【参加費】500円(資料代)

【内 容】

●COP10で何が決まったか

道家哲平さん(生物多様性条約市民ネットワーク運営委員)

●MOP5で何が決まったか カルタヘナ国内法見直しへ

天笠啓祐・河田昌東(MOP5市民ネット共同代表)

主催:食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(MOP5市民ネット)

※席に限りがありますので、事前予約をお願いします。

【申し込み・問合せ先】

MOP5市民ネット事務局

Tel:03-5155-4756/Eメール:info@fa-net-japan.org

Posted in 過去のイベント案内 | COP10/MOP5報告会のご案内 はコメントを受け付けていません。

プラネット・ダイバーシティを開催!

パレードには1000人が参加 「組み換え作物はいらない」と訴え

食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(MOP5市民ネット)は2010年10月10日に名古屋市中区のもちの木広場で「プラネット・ダイバーシティ・プレイベント」を開催しました。

「地球の多様性を祝おう!」をキャッチフレーズにしたこの屋外イベントには約6,000人が来場。自然農法で栽培した野菜や加工品を販売するグリーンマーケットや、食べ物や農業から生物多様性について考える展示のブースは多くの人で賑わいました。

また、午後3時にもちの木広場を出発したパレードには国内外から約1,000人が参加しました。トラクターを先頭に、牛や豚、カエルの仮装をした人や、 「STOP!遺伝子組み換え作物」「地球の多様性を守ろう」などと書いた横断幕やプラカードを掲げた人が、名古屋の繁華街・栄を1時間半ほどかけて歩きま した。隊列には有機野菜を積んだ農業用の軽トラックや米俵を積んだリヤカーも加わり、「遺伝子組み換え作物はいらない!」「生物多様性を守ろう!」などと声を上げま した。(以下の写真はプレイベントやパレードの様子)

Posted in 活動報告 | プラネット・ダイバーシティを開催! はコメントを受け付けていません。