「名古屋・クアラルンプール補足議定書」採択に関する声明

名古屋で開催されていた「カルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)」は、同会議最終日にあたる2010年10月15日、「名古屋・クアラルンプール補足議定書」を全会一致で採択しました。

この補足議定書は、遺伝子組み換え生物の輸出入によって生態系に何らかの損害が発生した場合、誰がどのようにその損害を修復・賠償するかを定めたものです。

今回の採択を受け、私たち「食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(MOP5市民ネット)」は10月16日に記者会見を開き、声明文を発表しました。

声明文のPDFはこちら→20101016_MOP5市民ネット声明

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

「名古屋・クアラルンプール補足議定書」採択に関する声明

食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(略称:MOP5市民ネット)

2010年10月16日

昨10月15日、「名古屋・クアラルンプール補足議定書」がカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)総会で採択されました。

私たちMOP5市民ネットは、長い困難な交渉の末に、途上国が待ち望んできた責任と修復の国際制度が法的拘束力のある議定書として成立する運びになったことを評価します。

同補足議定書のない現状の下で、主食など主要な穀物を輸入に大きく依存している途上国は、遺伝子組み換え作物(GMO)の深刻な危険性に曝され、事実上無防備な状態に置かれています。今回、責任と修復補足議定書が成立したことは、こうした途上国にとって大きな支えとなるものと期待されます。

また同議定書は、被害を受けやすい立場にあるGMO輸入大国日本に取っても望ましい内容が盛り込まれたと評価できます。

同補足議定書は、本来、2008年にボンで行われたMOP4で合意されるはずのものでしたが、日本政府が食料輸入国であるにも関わらず、食糧輸出国の立場に立ち、合意を妨げたことにより、この名古屋会議で最大の課題となりました。一時はほとんど骨抜きにされかけた議定書の内容を、評価しうるものに挽回できたひとつの要因として、私たちの市民活動やロビー活動があったと自負しています。

これまで官僚任せにされていた日本政府の交渉での立場を変えるべく、私たちは院内集会や、国会議員に対する情報提供活動を繰り返して、この交渉で民主党政権が政治主導を発揮するよう働きかけてきました。それがきっかけとなり、補足議定書の重要部分である民事責任に関する条項の合意に弾みがつく結果につながりました。このような市民活動の成果は、政権交代以前は望み得なかったことです。

今後、日本政府は、MOP5議長国としてリーダーシップを取り、世界に先駆けて同議定書を調印・批准すべきです。

MOP5期間中、日本での遺伝子組み換えナタネによる汚染問題が世界の注目を集めましたが、名古屋・クアラルンプール補足議定書、そしてカルタヘナ議定書の典型的な適用対象であるはずのこうした状況に対して、カルタヘナ国内法など現在の日本の国内法では対応できないのが実情です。

名古屋・クアラルンプール補足議定書、そしてカルタヘナ議定書の内容を余すところなく反映する国内法を一日も早く整備することが、これからの日本の課題です。そのために、私たちは、草の根レベル、政府レベル、国際レベルでの活動を今後とも強化して行きます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++

会見には、天笠啓祐(MOP5市民ネット共同代表)、河田昌東(MOP5市民ネット共同代表)、真下俊樹(MOP5市民ネット運営委員)のほか、ドイツの環境NGO「エコロパ」代表のクリスティーネ・フォン・ヴァイツゼッカーさんと元ワシントン州立大学教授のフィル・ベレアーノさんも出席しました。(以下の写真は記者会見の模様)

Posted in 活動報告 | 「名古屋・クアラルンプール補足議定書」採択に関する声明 はコメントを受け付けていません。

市民によるグリーンウェーブイベント紹介⑪

広島で「酒米作り」と「さつまいも作り」

グリーンコープひろしまでは、自然体験企画として、広島県山県郡北広島町で「酒米作り」と「さつまいも作り」を行っています。

5月30日、北広島町のきれいな空気と気持ちのいい新緑の風が吹き抜ける中、組合員とその家族で田植えを行いました。

一心に約50メートルを植えきった子、いつの間にかカエルやアメンボを追いかけていた子、ともに「楽しかった!」と元気な子どもたちの声。また、「農家の方のご苦労がわかり、今まで以上に食べ物を大切に、感謝の気持ちを持って食べます」と参加者の声。みんな田植えと自然を満喫することができました。(写真:上2枚)



5月に組合員が植えたさつまいもの苗は、ツルを2メートル以上に伸ばしています。同時に、競い合うように雑草も育っています。

さつまいもは、除草剤も殺虫剤も使わず育てているため、草抜きは欠かせません。この猛暑の中も、6月27日、7月25日、8月29日と、数回にわたって、みんなで草抜きを行いました。

草抜きをしている間には、バッタやテントウムシ・カエル・・・いろんな虫に遭遇します。時にはあまり歓迎しない虫も。子どもたちの中には、草抜きグッズではなく、虫捕り網と虫籠持参の子もいます。

秋の収穫まで毎月草抜きを行い、生長を見守っていきます。(写真:下)

Posted in 活動報告 | 市民によるグリーンウェーブイベント紹介⑪ はコメントを受け付けていません。

10月は名古屋に集まろう!

◆地球の多様性を祝う「プラネット・ダイバーシティ」にご参加ください◆

すでにお知らせしているように、私たち「MOP5市民ネット」は2010年10月10日、11日、16日に名古屋で市民イベント「プラネット・ダイバーシティ(PD)」を開催します。PDのコンセプトは、「地球の多様性を祝おう!」です。

ぜひご参加ください。

プラネット・ダイバーシティ・プレイベント

※「プラネット・ダイバーシティ」チラシ(裏面)のダウンロードはこちら ↓ から

プラネット・ダイバーシティ・イベント案内.pdf

Posted in 過去のイベント案内 | 10月は名古屋に集まろう! はコメントを受け付けていません。

「プラネット・ダイバーシティ」開催のご案内


10月に名古屋で屋外イベントやNGO会議を行います

10月11日~29日の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)/カルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)まで、あと1ヵ月となりました。

いよいよ国際会議の本番を迎え、私たち「食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(MOP5市民ネット)」はMOP5期間中に「プラネット・ダイバーシティ(※)」という市民発のイベントを名古屋で開催します。

実りの多い秋は、生物多様性の恵みを実感する季節です。多様性に感謝するイベント「プラネット・ダイバーシティ」にぜひご参加ください。

10月は名古屋で会いましょう!

プラネット・ダイバーシティ・プレイベント(屋外イベント)

【日  時】 2010年10月10日(日) 10:00~16:00

【会  場】 久屋大通公園もちの木広場 (名古屋テレビ塔南)

【参加費】 無料

【内  容】 グリーンマーケット、展示、ミニコンサート、トークショー、コミュニティ・カフェ、パレードなど

ご来場の際には、マイバッグ・マイカップ・マイ箸・マイ食器を持参ください

《プラネット・ダイバーシティ・パレード参加者募集》

10日の15時から「地球の多様性を祝おう!」をコンセプトに、名古屋市栄周辺をパレードします。横断幕やプラカードにメッセージを書いて、生物多様性の大切さをアピールしてください。民族衣装や仮装も大歓迎!参加者は14時30分までに、もちの木広場に集合してください。

プラネット・ダイバーシティ・フォーラム

「生物多様性を守る食と農~GMOのない世界をめざして~」

【日  時】 2010年10月11日(月・祝) 9:30~16:40

【会  場】 ウインクあいち 小ホール1 (名古屋市中村区名駅4-4-38)

【参加費】 500円(資料代)

【内  容】 講演「遺伝子組み換え作物のない世界へ」パーシー・シュマイザー、ほか/報告「遺伝子組み換えナタネ自生全国調査活動6年間のまとめとこれから」/MOP5・国内法改正へ向けた市民提言の発表など。遺伝子組み換え作物の専門家を国内外から多数お招きします。

チラシデータのダウンロードはこちら↓から

「プラネット・ダイバーシティ・フォーラム」チラシ.pdf

◆MOP5報告会

【日  時】 2010年10月16日(土) 13:00~17:00

【会  場】 ウインクあいち 1102会議室

【参加費】 500円(資料代)

【内  容】 MOP5で何が議論され、何が決まったか、今後の課題についてMOP5参加者からの報告

<お問い合わせ>

●プレイベントについて

プラネット・ダイバーシティ・プレイベント実行委員会事務局

Eメール planetdiversity2010@gmail.com

●フォーラムおよび報告会について

食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク事務局

Eメール info@fa-net-japan.org

プラネット・ダイバーシティとは、元々2008年にドイツ・ボンで行われたCOP9/MOP4に対抗する形で欧州の市民団体が企画したイベントの名称で今回はその名古屋版です。英語のプラネットは惑星、ダイバーシティは多様性ですので、直訳すれば「多様性の惑星」。2008年のボンでは、「食べものや農業における自然や文化の多様性を祝おう」というコンセプトの下、世界100カ国以上から700人を超える人が集まり、多様性に富んだ地球の素晴らしさを再確認しました。私たちもこのコンセプトを引き継ぎ、「地球の多様性を祝おう!」をキャッチフレーズにさまざまなイベントを行います。

Posted in 過去のイベント案内 | 「プラネット・ダイバーシティ」開催のご案内 はコメントを受け付けていません。

市民によるグリーンウェーブイベント紹介⑩

鹿児島では田んぼの生き物学習会を開催

グリーンコープかごしま生協では、田植えから収穫祭まで年6回にわたり体験する「体験田」の取り組みを行っています。米作りを通して田んぼの生き物や自然の営みを学び、生産者と交流し、米作りの苦労や実情を知ることを目的としています。

8月5日晴天のもと、鹿児島市川上町にあるグリーンコープかごしま生協独自米の合鴨米生産者橋口さんの体験田にて「田んぼの生き物学習会」が行なわれました。当日は、大人39名、子ども57名とたくさんの参加がありました。

まず、田んぼの生き物の話を聞いたあと、虫見板や虫採り網、虫カゴ、びんなどを持って田んぼへ。田んぼには、水中にも稲にも空にも生き物がいっぱい。あちこちから悲鳴や歓声があがりました。思いっきり虫採りを楽しんだあとは、みんなで虫の発表会。何だかわからない虫の名前も橋口さんが全部教えて下さり、びっくり。全部で31種類もの生き物を見つけることができました。「薬を使っていないからこんなにたくさん生き物がいるんだよ」との説明にみんな大きくうなずいていました。

田んぼはいろんな生き物を豊かに育む場所であり、「自然」と「人間」をつなぐ場所でもあります。虫も人間も多様な自然によって生かされているのだと思いました。

終了後、大事そうに虫の入ったびんを持ち帰る子どもたちの姿が印象的でした。

Posted in 活動報告 | 市民によるグリーンウェーブイベント紹介⑩ はコメントを受け付けていません。

市民によるグリーンウェーブイベント紹介⑨

レッツゴー田んぼ in JA上益城

グリーンコープ生協くまもとは2010612日、熊本県上益城郡山都町で「レッツゴー田んぼinJA上益城」を実施しました。

矢部地区の田んぼは近くに通潤橋があり、梅雨に入ったばかりの新緑あふれる山々に囲まれ、美しい棚田を目にしながらの田植えとなりました。田んぼの周りには小さな水路が流れ、赤とんぼ米の田んぼならではのいろいろな虫たち(あめんぼ・ゲンゴロウ・カミキリムシなど)にも出会えて、子どもたちは大喜びでした。田植えに奮闘する子、虫を追いかけ田んぼを駆け回る子、水路で水遊びをする子とそれぞれに自然を満喫していました。



Posted in 活動報告 | 市民によるグリーンウェーブイベント紹介⑨ はコメントを受け付けていません。

市民によるグリーンウェーブイベント紹介⑧


レッツゴー田んぼ in 清和


グリーンコープ生協くまもとでは201065日、「レッツゴー田んぼin清和」と題して田植えを実施しました。当日は、組合員や子どもたち、生産者の方々など約90人が参加しました。

清和は標高600700メートルの高冷地で山間農村地帯です。冬は厳寒で積雪もあり、夏は昼夜の寒暖の差が大きいので美味しいお米や夏野菜が栽培されています。田植えをした場所は、井無田地区オートキャンプ場や天文台があったりと、木子どもたちが立ちはだかり、自然を感じられる所でした。田んぼの横には冷たいきれいな川が流れていて、田んぼには、アメンボやカエル、イモリ、オタマジャクシなど沢山の生き物が生息していました

子どもたちは捕まえた虫や魚を入れたムシカゴをのぞき込み生産者の質問をしていました。子どもたちが普段見ることのできない生き物に目をキラキラさせて捕まえている姿に喜びと幸せを感じ、生態系を壊すことのないお米づくりをされていることを実感できました。



Posted in 活動報告 | 市民によるグリーンウェーブイベント紹介⑧ はコメントを受け付けていません。

市民によるグリーンウェーブイベント紹介⑦

熊本でGMナタネ監視活動を実施

グリーンコープ生協くまもとは2010416日、グリーンクラブの皆さんと理事会メンバーによる「自生GM(遺伝子組み換え)監視活動」を行い、熊本市内の本部前の道路脇に咲くナタネを一緒に採取・調査しました。結果は採取した4本とも陰性で一同ホッとしまた。ナタネ

Posted in 活動報告 | 市民によるグリーンウェーブイベント紹介⑦ はコメントを受け付けていません。

COP10/MOP5まで100日シンポジウムを開催

MOP5に向け市民提言案を発表

食と農から生物多様性を考える市民ネットワークは10月の「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)/カルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)」開幕100日前の7月3日、「未来へつなごう いのちを育む食と農」と題したシンポジウムを名古屋市内で開催しました。午前の「未来の食卓」上映会と午後のシンポジウムをあわせて、のべ500人程の参加があり、10月のCOP10/MOP5に向けて大きな弾みとなりました。

P7030849

Continue reading

Posted in 活動報告 | COP10/MOP5まで100日シンポジウムを開催 はコメントを受け付けていません。

「COP10/MOP5まで100日シンポジウム」のご案内


未来へつなごう いのちを育む食と農




【と   き】 201073日(土)10001700(開場930

【と こ ろ】 名古屋市中区役所ホール(名古屋市中区栄4丁目1-8)

【参加費1部:無料/23部:資料代500

【内  容】

1部:映画上映「未来の食卓」

2シンポジウム「生物多様性と遺伝子組み換え作物について考える」

農業の現場から見た生物多様性/石津文雄さん(針江げんき米)

GMナタネ自生の現状/河田昌東さん(遺伝子組換え情報室代表)

遺伝子組み換え生物の問題点/天笠啓祐さん(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン代表)

カルタヘナ議定書第27条「責任と修復」交渉で何が行われている/真下俊樹さん(日本消費者連盟運営委員)

COP10/MOP5における市民の役割/原野好正さん(生物多様性条約市民ネットワーク運営委員)




3:COP10/MOP5に対する市民からのメッセージ

MOP5への市民提言案の発表




主催 食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク

後援 生物多様性条約市民ネットワーク




お問い合わせ

食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク事務局

Emailinfo@fa-net-japan.org

20100703flyer_B20100703flyer_F


Posted in 過去のイベント案内 | 「COP10/MOP5まで100日シンポジウム」のご案内 はコメントを受け付けていません。

生物多様性年記念講演会を開催

アーサー・ビナードさんが語る生物多様性


「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」は525日、詩人のアーサー・ビナードさんを迎え、「生物多様性年記念講演会」を都内で開催しました(食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク後援)。「『発見』の定義」と題したビナードさんの基調講演をご紹介します。20100525_生物多様性年アーサー・ビナードさん記念講演会 013



1741年カムチャッカ探検隊は、ベーリング海のコマンド諸島で、大きな海牛の群れを発見した。博物学者のステラーはテラーズ海牛と名付けて、観察記を書く。その情報をもとに毛皮商人がコマンド諸島に押し寄せ、目を疑うほどたくさんいたステラーズ海牛は1768年に最後の個体が殺され、絶滅した。発見されてわずか27年で絶滅。発見という言葉の意味の延長線上に絶滅がある。 Continue reading

Posted in 活動報告 | 生物多様性年記念講演会を開催 はコメントを受け付けていません。

市民によるグリーンウェーブイベント紹介⑥


栃木では生き物観察会や田植えを実施

日本でも有数の農業県にある生活クラブ生協・栃木では、生物多様性にちなんだ様々な活動に取り組んでいます。

428日には、自分たちの地域で抜き取った自生ナタネを持ち寄って、GM(遺伝子組み換え)ナタネの検査活動を実施。515日には、生活クラブ・栃木で環境をテーマに活動している「しゃぼあーる委員会」が、栃木県内の市民がつくる「水環境条例制定ネットワーク」と共催で、西方ふれあいパークの総合公園で「水辺の生きもの観察会」を実施、多くの子供たちが参加しました。

同じ15日には、生活クラブ生協の米の生産者「どてはら会」の田んぼで、栃木と東京の組合員が田植えをしました。この田植えは、毎年恒例となっています。夏の生き物観察会や稲刈りなども行い、なるべく農薬に頼らない生物多様性に基づく米作りを生産者とともに続けています。

518日には、生活クラブ・栃木の「GMOフリーゾーンひろげ隊」が「家庭菜園教室」を実施しました。栃木開拓農協の協力で生産者とタネ会社の方にも参加いただき、プランターでのキュウリとミニトマトの栽培を教えていただきました。



Posted in 活動報告 | 市民によるグリーンウェーブイベント紹介⑥ はコメントを受け付けていません。